印刷屋勤務のプリンが綴る、日本の習慣、節目節目で出す挨拶状の書き方など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた更新が滞ってしまい申し訳ありません!さて、今回は季節の話題、「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」についてお話ししたいと思います。

暑中見舞い・残暑見舞いは、慣例としてお届けする時期が決まっています。

暑中見舞いは梅雨明けから立秋(8月7日)までの間、残暑見舞いは立秋(8月7日)以降から8月中に届くように出します。近況と相手の安否を尋ねる簡潔な文章を添えて、涼しげな絵柄のポストカードや郵便局のくじ付きはがき(かもめーる)で出すのが一般的です。

例文は追記にてご紹介します。続きを読むをクリックしてください。

日比谷花壇 お盆 お供え 仏事のお花
[暑中見舞い・残暑見舞い]の続きを読む
スポンサーサイト
暑中見舞いは、年賀状に比べて期間が長く、投函受付期間等の郵便局サイドの制約もないので、気兼ねなく出せる季節の挨拶状です。お世話になった方へ、親しい人へ、ご無沙汰している方へ、今年は暑中見舞いはがきを出してみてはいかがですか?

それでは実際に暑中見舞いの例文をご紹介していきますね。
[暑中見舞いの例文]の続きを読む
暑中見舞いのお手紙は一体いつからいつまでの期間に出せばいいの?というご質問をこの時期よくお受けします。

思い出してください、学生のころ夏休みが終わって始業式が始まった頃になって級友からの「残暑お見舞い申し上げます」と書かれた葉書を受取った事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

暑い盛りが「暑中」で、涼しくなってきたら「残暑」でしょ?………なんてアバウトに考えている方が大半かもしれません。しかし、ご近所さんならともかく、相手と住む地域が違えば感じる季節も多少のズレがあります。こんなときは昔からの「暦の上」での季節がやはり目安になります。では、暦の上での「暑中」「残暑」とは、いつごろの事なのでしょうか。
[暑中見舞いっていつまでに出せばいいの?]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。