印刷屋勤務のプリンが綴る、日本の習慣、節目節目で出す挨拶状の書き方など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この場合「続柄」はどうなるの?

勤務先の印刷所にて、お陰様で今年は年賀状と喪中はがきを、ネットから沢山ご注文頂きまして忙しかったです。更新が滞り申し訳ありません!ご注文ラッシュは12月の中旬に差し掛かった今、ちょうどピークを過ぎ、新人スタッフが頑張ってくれているので、わたくしの荷が少し軽くなり、またこうして記事を書く事が出来ています。

さて、今年目立ったご質問…
『妻のお父さん(妻のお母さん)が亡くなったので、喪中はがきを作りたいんだけど、この場合は続柄は何になるの?』というもの。

前にも書いた気がしますが、差出人が旦那さんなら、『義父(義母)』で問題ないです。奥様と連名で出すなら、『奥様の下のなまえ+続柄+故人のフルネーム』だと親切です。例えば『義父 印刷太郎が99歳にて永眠』とか『妻 刷子の父 印刷太郎が
99歳にて永眠しました』などです。

『岳父』(「がくふ」と読みます)というのも「妻の父」という意味ですが、こちらは日本語として正しい(本来のよびかただった)ものの、とても古い言葉でなので、この言葉自体をご存知ない方もいらっしゃいます。受取り側にとっては『義父』のほうが分りやすく一般的でしょう。

ところで…「義父」は妻の父の続柄として誤りである「岳父」が正しいのだと主張される方が、理由として、親の再婚相手の場合と混同される!と主張されているのを最近よく見掛けますが、わたくし個人的な意見としては、再婚相手でも喪中はがきにわざわざ継父(継母)であることを念頭に「義父(義母)」を続柄に使うだろうか?と疑問です。その場合は父(母)が…と書くのではないでしょうか。

言語学者さんのいう正しさは分りませんが、一般的には、奥さんのお父さんなら「義父」も「岳父」どちらも間違いではありません。最終的には手紙を出す方ご本人の「好み」の問題です。
(参考までに当店の場合ですとほぼ9割が「義父」でのご注文です。「岳父」は今年に入って突然ぽろぽろとご注文される方が出てきました……ネット知恵袋などの影響かな?)


念のため他の続柄の呼び方を追記します。
興味のある方は続きをお読みください。
[この場合「続柄」はどうなるの?]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。