FC2ブログ
印刷屋勤務のプリンが綴る、日本の習慣、節目節目で出す挨拶状の書き方など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
縦書きの挨拶状の場合、下の画像のように「私こと」や「私儀(わたくしぎ)」は、他の文章にくらべて小さい字で組版されます(横書きの場合は他の文字と同じ大きさです)。

▽見本画像
watakusikoto.jpg
watakushigi_2.jpg

「私こと」と「私儀」は同じ意味です。(「私こと」の方が少し軟らかい言い方です。)ちなみに「儀(ぎ)」は身内の事にも使います。喪中はがきなどで「(故人のお名前)儀」という書き方を見た事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。あれはつまり、当家の者の事ですが…といった意味合いです。

そもそも、「私儀」とは遜り(へりくだり。相手への謙遜)の意味合いを持つ、自分を表す言葉です。話し言葉に変えれば「私個人に関して…」という感じですが、挨拶状印刷ではさらに「私個人の事で恐縮ですが…」という気持ちを込めて、行末に下げ、他の文章よりも小さい字で印字されてきました。(はがきやカードの限られた面積の中で、文字だけで相手への気持ちを表すのは難しいものですが、じっと見ていると、なるほど、頭を下げておじぎをしているようにも思えてきます。昔の人はよく考えましたね)当店も基本はこの形で組版させていただいています。

ご自身でパソコンで作られる場合は本文の他の文字より、2ポイントから1ポイント半くらい小さくされるのがちょうど良いかと思います。行末に下げる場合は下から1字分あけます。「さて」の大きさは小さくしません。
[「私こと」、「私儀」は、どうして小ちゃい字なの?]の続きを読む
スポンサーサイト
皆さんお元気ですか?気まぐれな春の天気に翻弄され、私は風邪をこじらせ、数日に渡り大変ひどい目に遭いました天候不順な季節ですので皆さんも気をつけてくださいね。

さて、風邪が治ったので久しぶりに更新しようと思います。

環境が変わる時期、転勤、転居、異動の季節でもありますね。
今日は個人向けの転居はがきの例文をご紹介したいと思います。
[転居はがきの例文(個人用)]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。