印刷屋勤務のプリンが綴る、日本の習慣、節目節目で出す挨拶状の書き方など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また1ヶ月近く更新できませんでした…(汗)申し訳ありません!
私の途中まで書いていた記事が書き終わらないまま、先に今月が終わってしまいそうです。なので、まだよく見直してませんが、載せておきますね。

ちなみに以下の文章は私の勤務先印刷所のホームページにも載せています。(パクリじゃないですよ、書いた本人です!笑)

この時期、喪中はがきに関するお問合せが非常に増えます。お客様から、お客様でないかたまで、ひどいのは「お宅で注文はしないけど、教えてくれ!」などと云う方から電話が掛かってきたりもします。暇じゃないので困ってしまいますが…。電話は勘弁して下さい。

一番多い喪中・年賀欠礼のお問合せは、「続柄について」と「社用の場合どうすればいいのか」です。

今日は「社用の場合どうすればいいのか」についてお話しします。
[社用の喪中はがき、寒中見舞いはがき]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。