印刷屋勤務のプリンが綴る、日本の習慣、節目節目で出す挨拶状の書き方など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時々びっくりするような事がございます。

挨拶状はがき印刷は通常、「私製はがき」と呼ばれる厚手のポストカード状の用紙を使います。(マナーの項で後日詳しくご説明するつもりですが、挨拶状では、「官製はがき」や別納スタンプなどは簡略化?したものとして失礼とされています)これを、納品したところ、お客様が宛名を書き、そのままポストへ投函されてしまったのです。

「私製はがき」には郵便運賃が含まれておりません。反対に郵便運賃が予め含まれているのが「官製はがき」です。ですから、投函する前に、かならず運賃分の切手をお貼り下さいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aisatujyo.blog119.fc2.com/tb.php/2-f7a0373e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。