印刷屋勤務のプリンが綴る、日本の習慣、節目節目で出す挨拶状の書き方など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うっかりしていたら、更新出来ないまま年が明けてしまいましたそれも、だいぶ経ってしまいました(もう松の内どころか大寒さえ過ぎました)。更新を待っていた方がいらっしゃったら本当に申し訳ございません~!

改めまして(今更ではございますが)あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願い致します。今年の抱負は「なるべく頻繁に更新」・・・ですね!


さてさて、更新が遅れた理由それは有難い事に挨拶状のご注文を沢山いただきまして、本業務で手一杯だったからなのでございます。

コスト削減、資源保護が叫ばれ、「紙」がなかなか売れない時代。紙だけじゃなく世界的経済不安から買い控えされる時代。しかし時代だからこそ、電子メールではなく心を伝える「手紙」、フォーマルな挨拶状を出される事を選ばれる方が増えているのかもしれません。


ところで、「寒中見舞い」は節分までに相手に届くように出すのがマナーです。頂いた年賀状のお返事など出し忘れはないですか?そろそろリミットですよー。ご注文は「良いあいさつ状.com」で!


気温も景気も冷え込んでますが、どうぞ皆さん元気出して今年も頑張りましょう!
私も今年こそ例文をどんどんご紹介出来ればと思っておりますよ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aisatujyo.blog119.fc2.com/tb.php/48-48bbdeb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。